人の話を聞けるってそんなに効果があるの?

え~ そんなに効果があるの?

ちょくちょく遅刻するスタッフに
いつも、イライラしていたオーナーがいました。

 時々、プチ切れて、
「いいかげんにしろ!」
「何度言ったら遅刻しないようになるんだ!!」
を言ってしまうことになるのです。

怒られたスタッフは、その場では
「すみません、気を付けます」
と言うものの、

オーナーにしてみれば
「いつ遅刻するかわからない」という不安から
つねにスタンバイしておかなければいけない
という状況から解放されませんでした。

「なぜ、ちょくちょく遅刻をするのか
聞かれたことはありますか?」

という質問に
「はぁ~?」というオーナーでしたが
「そういえば、かぁ~っとなって
怒る方が先なので、聞いたことはないなぁ・・」

という答え
次に遅刻した時は、
『”かぁ~”っとなる前に
”なぜ、遅刻するのか”を聴くこと』
を宿題にしました

感情を出しやすい人にとって
とっさの瞬間にそれを抑えることは
至難の業です

しかし、オーナーにとっては
お店の死活問題だし
遅刻問題から早く解放されて
自分の時間が取れるようになりたいのですから
そんなことは言っていられません

次のタイミングがきたとき
じぃ~っと感情を抑えて
「ちょくちょく遅刻するけど、
どうしてそうなるのか聞いてもいいかな?」

頭ごなしに怒られると思っていたスタッフは
しゅんかん、ポカーンとした顔でしたが
オーナーが怒っていないことがわかると
ぼつぼつと、事情を話し始めたそうです

どういう聞き方をすれば良いかを
前もって勉強していただいていたオーナーは
心を落ち着かせながら
とにかく聴くことに徹したそうです

スタッフのことを何も知らなかったオーナーは
話を聞き終えた後
怒りや、イライラはどこかへ消えてしまって
一言こう言ったそうです

「○○君、大変だったんだね」

そのご、
この一言がこのスタッフを大きく変えました

遅刻はすぐになくなることはありませんでしたが
遅刻した日は、
以前より効率よく仕事をこなす方法を工夫し
オーナーにも、仕事の報告が増え
なにより、雰囲気が明るくなった

とういう報告を受けました

オーナー曰く
「人の話を聞くって、すごい効果があるんですね」

英語で[本懐]を何という?

8月20日に政次が亡くなってしまいました。

「本懐を遂げるために憎まれ役に徹する!!」
「それが、私の生まれてきた理由かもしれない」

と言いつつ、死を選ぶ政次
カッコよすぎます!!

政次って、大河ドラマ「直虎」の
高橋一生演じる「小野政次」のことなんですけど。

本懐を遂げるために憎まれ役に徹する!!

こういう心情、想像もできませんし
とうてい、できることとは思えませんが
こう言って、政次は処刑されることになりました

高橋ファンの私としては
今後の大河ドラマに政次が出ないのは
寂しくて、残念です
ストーリー性としては
それを乗り越えて
直虎がどういう風に一国を維持していくのかが
大事なんでしょうけど

寂しいです
世にいう「政次ロス」です

それはともかく

政次は助かるチャンスを拒否して
嫌われ役で死ぬことこそ
「本懐である、自分が生まれてきた意味だ」
と言い切るのです

「本懐」って、日常生活ではあまり聞かない言葉ですよね
「本望」とか「本意」というような意味だそうです
「懐」は「ふところ」と読みますが
そこから「心のうち」「思いや考え」
という意味になるようです

一般的な「本望」というよりは
武士によく使われる言葉としてあったようです。
広辞苑にも例文として
「男子の本懐」があります

では、この「本懐」を英語で何と言うでしょうか?

ちゃんと、和英辞書には
「本懐」という言葉が出てきましたよ

意味:
every man’s dream
achieve(realize) a samurai’s long-cherished desire.
(長年の武士の望みを達成・実現する)

とありました

dream も desire も一般的に使われる言葉なので
英語で使うときも
man とか samurai という言葉をあえて入れないと
日本語で言う「本懐」にはならないという事でしょうね

それはともかく
政次の最後のシーンで
直虎と政次の、世を欺くための会話が
これまでの大河ドラマにはないような
すさまじいシーンでした

それにしても
次回から、政次が出ないなんて

寂しすぎます

あ~っ高価なサクランボが!

この夏もサクランボをいただきました

ありがたいことに
毎年、送ってくださる方がいます

もし、あなたが高価なサクランボを受け取って
ふたを開けてみたら
かなりの数が傷みかけていた
・・・としたら

どんな対応をとるでしょうか?

しかも、どういうわけか
こんな高価な果物を宅急便で送るのに
クール便を使っていなかったのです

 

 

 

 

送ってくださった方
生産者

どちらに連絡をしようか・・・
迷いましたが
送ってくださった方に
まずお伝えすることにしました

もし、来年も同じ対応だった場合
それを知らないで注文するかもしれない
…と思ったからです

お電話で、いただいたお礼を伝え
それから、
サクランボがどういう状態で届いたか
説明をしました

その方は、生産者にお手紙で状況を伝えたそうです

数日経ってから
生産者からお電話をいただきました
私は、まず、なぜクール便で送らないのかを
聞いてみました

それまで、冷静だったのですが
その返答を聞いて
ビックリ、ガッカリ、怒りと変わっていきました

「うちでは、お届け方法については
クール便にするか、普通便にするか
お客様に選んでいただいています
今回、お客様が普通便で良いと言われたので
普通便で送りました」

さて、
これを聞いて、あなたはどう感じますか?

「うちには責任はありません」
と言いたいわけですか?
と聞きたくなります

高価な自慢のサクランボを、
品質を保って、
美味しく消費者に食べていただこうと思ったら
少しくらい高くなっても
クール便代を含めて価格設定をすればよいのではありませんか?

しかも、生産者から我が家までは、
出荷しても翌日には届かない距離です

それくらい、購入する客に一言説明を加えれば良いことではありませんか

というようなことを相手側にお伝えしました

「おわびに、
サクランボは終わってしまいましたので
代わりのものを送ります」
と言われたので、
「私にではなく
送ってくださった方に送ってあげてください
ガッカリされていらっしゃると思いますよ」
と言いました

数日後

りっぱな

メロンが届きました

来年、
それまで継続していた顧客から
注文が入るかどうかはわかりません

立派な果物を作るまでに
どれほど年数がかかっていたのかはわかりませんが

信用を無くすのは

ほんの一瞬あれば十分ですね

あなたは
自分の関わったことに
どこまで責任を取っていますか?

 

幼児英語教育は何歳からが効果的でしょうか?その理由は?

イングリッシュプラスの原田です。

先日、若いお母さんからご相談を受けました。
いま2歳の子供さんに英語を習わせたいのだけど、
そういうクラスがあるのでしょうかという事でした。
長年英語指導に携わってきた経験からすると
もっとも効果的に英語を身につけられるお子さんの年齢があります。

幼児教育の現状

大手の英語教室をはじめとして多くのお教室で、
2歳から4歳くらい向けの幼児英語教室を開いています。
一クラス4~6人で、一コマ40分
月謝は10000円から14000円くらい
一人か二人のセミプライベートでは、
18000円くらいの所もあります。

親自身が英語で苦労したことと、
これからの日本の現状や将来の子供のことを考えて、
せめて子供には、
英語が話せるようになってもらいたいと思っている方が多いようです。
そういう世相を反映してか、
巷では、キッズクラスがどんどん増えています。

私の主宰している「イングリッシュプラス」は基本的に大人向けです。
しかし、このお母さんのご相談を受けて
ネイティブの先生と話し合いました。
まず、幼児向けの英語教室についての考えを聞きました。
その先生はこういう意見をお持ちでした

「子どもにとって英語をスタートさせる効果的な年齢は5歳前後です。
なぜなら、具体的なものの名前をかたことで話せる段階では
英語も単語レベルでしか覚えられないし、正しい発音もできません。
そもそも、2~3歳の子どもが40分もの間、
おとなしくレッスンを受けられると思いますか?
ですから英語クラスとは言っても、ほとんどのお教室では
楽しく遊ばせているような現状ですよ。
それでも、親に経済的な余裕や時間があって、
英語の音や外国人に慣れさせるという意味では
やらないよりは良いかもしれません。
そういう理由なら、
家庭でディズニーのDVDや音楽を聞かせることで十分だと思います。
もしも子供に英語を習わせたいなら、
最低2語以上の文章で日本語が話せるようになって、
色の名前や、形といった
抽象的なことを覚えるころから始めるのが効果的だと思います
だから、5歳前後で十分だと考えています。」

という事でした。
もちろん色々な考えがありますから、
この先生が言うことが正しいというわけではありません。
実は私もまったく同じ意見でしたので、
そのお母さんに、そうお伝えしました。
私の説明に納得されましたが、
ご近所の子どもが英語を始めると、親の方も焦ってくるのでしょうね。

英語教育も、昨年から小学校3年生スタートに変更されました。
英語が話せることは、これから先ますます求められるようになるでしょう。
だからと言って、母国語がおろそかになるのは本末転倒です。

英語を話すという事は、
自分の考えや状況の説明を英語で表現することですよね。
高校生の例を挙げると
自分の考えや、自分のやりたい夢などを、
日本語でさえ十分に語れない生徒は
英語の上達も、はっきり言って遅いです。
ですから、周りの風潮に流されるのではなく
まずは日本語で、
親子のコミュニケーションをしっかり取れるようになってほしいなぁ
・・・・と願っています。


English plusに関するお問合せはこちらから

※下記はメッセージとして送信されますので、メールアドレスなどのプライバシーは保護されています

[contact-form-7 404 "Not Found"]

【英語のリスニングを実力アップ】リーディングより極端に弱い人の対策法(2)

イングリッシュプラスの原田です。

前回の記事【英語のリスニングを実力アップ】リーディングより極端に弱い人の対策法(1)の続きです

1では音を聞きとる意味について書きましたが
こんかいはもう一点別の課題について説明します

日本語に訳しながら英文を読む人の盲点

文章を読めば十分に理解できるレベルなのですが、
問題点は、文章を後ろから戻りながら意味を理解することでした。
これは、多くの学校で行われている英語教育法なので
文章を訳すときに、ほとんどの日本人がこの方法をとっています。
つまり、主語の後で枝葉の説明を先にしてから
最後に述部の説明をする方法です。
日本語の言葉の並びと同じように訳してしまうという事ですね

たとえば、
I studied very hard two days ago because there was a test on the next day.
という文書を訳すときは
「私は、次の日にテストがあったので、二日前は必死に勉強しました」としますよね。
学校の英訳のテストではOKです。
日本語では、主語「私は」の述部、つまり「どうした」に当たる部分は
多くの場合、文章の最後に来ます。
ところが英語では、主語のすぐ後ろに動詞がきますね。
ですから、「何をしたのか」という部分を聞き逃してしまうんです。

ではどう読めばよいか?

先ほどの英文が、友人との会話の一部だと思ってください。
”I studied very hard two days ago
because there was a test on the next day.”
さて、これを最後まで聞いて、
文章がすべて頭に残っていますか?

書いてある文章を読むときは
何度でも、確認できますよね。
しかし音はあっという間に消えていきます。
文章を全部聞いて
改めて何を言っているか理解しようとしているから
リスニングができないのです。

「????」でしょうか?

リスニング力をつけるには、
英語を聞いていく端から、
意味のまとまりごとに理解していくことがポイントです。

上の文章で例えてみましょう。

意味のまとまりごとに、始めから順番に理解していくのですから、

I studied very hard → 私は必死に勉強したよ(誰が何をしたかがまず明確になるね)
two days ago → 二日前に
because → なぜなら(フムフム、ここから理由だな)
there was a test  → テストがあったんだ
on the next day → その翌日に

という風に聞いていく方法です。
これは、「サイトトランスレーション」
あるいは、「スラッシュリーディング」
と言われている方法です。
文章の頭から順番に、意味のまとまりごとに理解していく方法です。

これができるためには
普段から文章を読むときに

「スラッシュリーディング」をする必要があるのですね。
つまり
”I studied very hard/ two days ago/

because/ there was a test/ on the next day.”
とスラッシュを入れながら読むのです。
もちろん、これほど細かに分解しなくても理解できる人は、
もう少し長めにスラッシュを入れても大丈夫ですよ。
これまで、英文を理解するときは
日本語の順番どりに訳していたのなら、
ぜひ、この方法を取り入れてほしいと思います。

リーディングするときは、スラッシュを入れながら読みましょう。
そして「読めるけど聞けない」「読めるけど話せない」という
典型的な「話せない日本人」から卒業してしまいましょう。

 

 

 

 

【英語のリスニングを実力アップ】リーディングより極端に弱い人の対策法(1)

英検やTOEICでリーディングは満点なのにリスニングが弱い人のための対策法を教えます。

イングリッシュプラスの原田です

私の英語教室は英検の準会場の認定を受けています。
10月にも、生徒さんが英検を受けました。
その中で、2級の一次試験を受かったものの、
リーディングに比べてリスニングが極端に点のとれない生徒さんがいました。
リーディングはパーフェクトに近い点を出しましたが
リスニングはリーディングの点数との総合点でぎりぎりというところでした。

本人からリスニングについて相談を受けました。
どうすればリスニング力が上がるか
勉強法を個別にアドバイスしました。

リーディングに関しては、コツコツ勉強するタイプなのですが
聞いてみると、やはり音読が少なかったのです。

普段から、「音読」「音読」「音読」と
口を酸っぱくして伝えているつもりでしたが
具体的な勉強方法がわかっていなかったようで
私も説明不足を反省をしました。

なぜ、英語のリスニング力を上げるには「音読」なのか書いてみました。

 

英語を聞いて聞き取れるために大切なこと

1.音そのもののが聞き取れること
2.文章の内容が理解できること
の二つです。

今回の生徒さんの場合、
課題は二つ
1.音そのものを再現する練習が少なすぎること
2.英文の内容を理解するときに、日本語の順番に訳してしまうこと

まず今回は1番目の説明からしますね。
つまり「音読の量が少ない」と、なぜリスニングができないかです。
多くの日本人に見られるタイプが
「英文は読めるけど、話せない」
ほとんどの人が「そうそう!!」とうなづかれると思います。
少し視点を変えてみましょう
スポーツはお好きですか?
鑑賞するだけですか?
それとも実際にしますか?
もし、スポーツを実際にする人なら当たり前のことだと思いますが
もし野球をするとして
ルールだけ知って突然試合に出ますか?
普段の練習は一切なし!!
ひたすら、ルールブックにかじり付いている・・・
ありえないですよね
バットを持って素振りをする
走る、キャッチボールをする、ノックをする
などなど、いろいろな練習をして
実践に備えるのではないですか?

ところが、ところが
そういう人でも英語は別物になるようです
英文を読んで何となくわかってそれでおしまい!!
スポーツをするにはそのルールを知ることは必要です
英語ならそのルールに当たるのは「基礎的な文法」です。
英語を話すにも「基礎」がわかっていることは不可欠です。
スポーツと同じです。

その基礎がわかったとして
その次の「実践に備える」にあたるのが「音読」です。
英語に携わる多くの人も「音読」の大切さを主張されていますし
私自身、英語学習をやってきて一番効果のある方法だと
自信をもって言いきれます。

「音読」はなぜ効果があるのか?

馬鹿みたいに当たり前のことですが
英会話って耳から入ってくる音が頼りですよね
「apple」の文字の意味が分かっても、その単語の音が耳から入った時に
「リンゴ」なんだと紐づけできるためには
”apple”の音を聞き取れなければ意味は理解できません。
しかも、ネイティブが発音している音にできるだけ近い音で発声しなければ
音から入った”apple”が「リンゴ」 に結び付きませんよね。

ここまできて、「Ah-ha !」とピンと来ましたか?
そうです。
実に単純な話です。

音としての”apple” が「リンゴ」だとわかるためには
“apple” を正しく発音する必要があるという事です。
あなたは「リンゴ」と聞いて、果物のリンゴを頭に思い浮かべられるのは
「リンゴ」と正しく言えているからです。
言葉を覚えたての幼児が、正しく「リンゴ」と発音できないとき
周りの大人は、何を言っているのか理解できない時期がありますね。
つまり、日本人が正しく”apple” と発音できなければ
それを聞いている外国人は、それが「リンゴ」だと理解できませんし
逆に、外国人が「リンゴ」だと思って言っている”apple” を
日本人は「リンゴ」だと理解できないのです。

ですから、「音読」なのです。

お教室では、
音読の具体的な方法をレベル別に教えています。
方法を知ったら、
当然ですが、実践あるのみです。
実際に、一日に15分でも、30分でも自分で練習する生徒さんは
驚くほど、力がついていきます。
どんなに良い方法を知っても
結局は「やるか、やらないか」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

続きはこちら

英検3級受験の生徒さんがしておかなければいけない準備とは?ポイントはどこ?

わたしが主宰するイングリッシュプラスは、

今年英検準会場の認定をいただき

お教室では、10月8日の第3回英検が初めての受験になります。

それに向け、生徒さんはそれぞれの受験級の対策を頑張っています。

いよいよ今週末が本番です。

 

今日は、3級受験に必要な準備を紹介しますね

3級は、内容的には中学終了程度です。

つまり、中学3年間の基礎を学んでいればできる試験です。

時間も1時間ですし、

リスニングもゆっくりと二回話してくれますので

大きな問題はないと思います。

とは言え、大問3の整序問題は少々手ごわい問題かもしれません。

多くの日本人は、中学・高校でソコソコ英語を勉強しているので

英文を読めば、何となく内容がつかめたりしますね。

ところが、言葉をバラバラにして、

「正しい文章に並べ替えてください」という整序問題になると

不思議とわからなくなるんですよ

なぜだと思います?

あなたは大丈夫ですか?

大きい理由の一つは、

「英語の並び方がきちんと頭に入っていないから」ですね。

英語は、日本語と語順が違います。

何が何でも、主語がまずきます。

そのあとに続くのは?

そう、動詞です。

そして、その動詞に目的語があれば目的語、

そのあとに時間、場所、誰と、どんな風に・・・・

と、情報をつけたしていくことになりますが

この、流れがトコトン頭に入っていないと文章をつくれないわけです。

つまり、バラバラな単語を順序立てて並べ替えられない

もしこれが苦手だと思っている人は

ぜひ、もう一度、基本の文法を見直してください。

文法というと、よくある意見に

「そんなものにこだわっているから、日本人は英語が話せない」

などと、訳の分からないことを言う人がいますね。

ではたとえば、上の文章を外国の人がこう言ったらどうでしょうか

「日本人 こだわる ない 英語 話す」

と話したら、理解できますか?

この程度の日本語の理解で、日本で仕事を得ることができるでしょうか?

「文法」とは、

英語で理解してもらえるための最小限の言葉の並べ方のルールです。

学校で受けた文法が面白くなかった、先生がいやだった

などと言う理由で、無視していいものではありません。

勉強しているのに英語が伸びないと思っている人は

ぜったいに基礎が抜け落ちています。

ぜひ、中学の基礎から見直すことをお勧めします。