ブログ

英語はペラペラ話すよりゆっくりでも確実に伝えるための3要素とは

コミュニケーション_(2)_052915_014005_PM

最近、知り合いが英語の勉強を始めたそうです
お仕事で海外へ行かれることも多いので、
必要性を感じられたのでしょうね

海外で
『「あなたの英語はわかりやすい」とほめられたんです』
とうれしそうなお話でした

決して、「ペラペラ」というわけではなく

ゆっくりと、でも確実に

自分が伝えたいことを伝えた結果だそうです

一方

◎ 特別発音が悪いわけでもない
◎ 単語も間違いなく使えている
◎ 文章も文法的に問題ない
・・・・のに

海外に行ったときに
「英語がまったく通じなかった」
という悲壮な体験をされた方もいらっしゃいます

 

原因は何だと思いますか?

1. 話し方に論理性があるか?
2. 声がしっかり出ているか?
3. 抑揚(イントネーション)にメリハリがあるか?

この三つが影響していると考えられます

わたしが英語を話すポイントとして

「流暢」とか「ペラペラ」をあげないのには理由があります

その理由は・・・

その前にクイズです

世界の人口70億人の中で

1.実用レベルで英語を使える人はどれくらいいるでしょうか?

2.そのうち英語を母国語(ネイティブスピーカー)とする人はどれくらいでしょうか?

Harvard Business Review によると

1.実用レベルで英語を使える人口は25%

つまり、17.5億人

2.そのうちの3.9億人がネイティブスピーカー

つまり、英語を話す人の78%が非ネイティブだという事実です

このデータを知って、この「英語非ネイティブ78%」という数字をどう受け止めますか?

私がクラスで生徒さんにしょっちゅう言っていることがあります

「世界中で英語を話している人の8割はノンネイティブで

それぞれのお国訛りで話しているのだから

日本人は日本語なまりでどうどうと話しましょうよ」

です

決して、ペラペラとか、流暢である必要もないし

早くしゃべる必要もありません

欧米人でも、ゆっくり話す人も早口の人もいます

英語はあくまで、コミュニケーションツールなのですから

「自分の伝えたいことをどれだけ確実に伝えられるか」が一番大切なことです

そこを基本に考えて、どうすれば日本人の英語を理解してもらえるかというと

上の3点、つまり論理的に、しっかり声を出して、抑揚をつけて話すことです。

この練習をコツコツ地道に、

あるいは、早く結果を出したい人は一気にガ~ッと

やるだけです!!

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る