ブログ

英語を話すときに必要なことはハッキリと○○と言うことです。

imgres_080315_040752_PM

7月に、英語の生徒さんたちと香港に行ってきました

生徒さんの海外旅行での英語デビューもかねて楽しんできました

街中で、立ち止まっていると

男性がチラシのようなものを持って生徒さん二人に近づいて

何か話しかけていました

生徒さんたちは、何を言っているのかよくわからないのと

どういう反応すればいいのかわからなくて

戸惑っていました

そこで、私が近づいて

”NO! Thank you” と

ハッキリした声で対応すると

スゴスゴ去っていきました

海外で、何かものを売りたいらしい人に近づいてこられた経験はありますか?

こういう時は、英語がわかる、わからないではなく

NO とはっきり言う方が良いですよ

タクシーに乗ったり、値札のないものを買って

足元を見られて高い料金を取られたという話を

よく聞きます

私も昨年パリに行ったときに

空港からホテルまでのタクシー料金があまり高かったので

以前の経験とガイドブックに書いてあることを伝えて

「いくらなんでも高すぎるでしょ!!」と

噛みつきました

若いイケメンドライバーは

思わぬ日本のおばさんの逆襲(笑)にタジタジになって

「わかった、わかった」と言いながら正規料金を受け取って去っていきました

こういう時に「それは高すぎる」とか

「その値段ならいらない」と

ハッキリ伝えることはとても大切です

香港でも、日本人は見分けがつきやすいのか

道を普通に歩いていても、

通りすがりに

「しゃちょうさん、にせもの時計安いよ!!」と声をかける人がたくさんいます

アメリカの首都ワシントンでは、

通りすがりに人の気を引いておいて

「貧しいのでお金をください」と書いた小さなプラカードを見せるだけで

一言も声を出さない人を多く見かけました

こちらも、頭を横に振るだけで”NO”の意思を伝えました

海外には、日本では考えられないようなさまざまな商売(?)があるのです

たとえわずか1セントでも、納得のいかないお金を

わけのわからない人に渡すのは決して良いことではありません

ダメなときは「ダメ!」と

キチンと伝えられるコミュニケーションをとれるようになることが

英語を学ぶ以前に大切なことだと

考えます

そのうえで、英語を話せるとなお良いのですが・・・

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る