ブログ

簡単に使える英語らしい表現で「よしなさい・やめて!」は?

130320e6_1624_090715_115549_AM

レストランでまだ食べ終わっていないデザートを

持って行かれそうになった

そういう時は

なんて言いますか?

つい 手でお皿をおおって ”No” ですかね

なかには、恥ずかしいのでなんにも言えなくて

あとで、「あ~ぁ デザート全部食べたかったなぁ」

なんて後悔しますか?

 

相手に何かをやめてほしい時に

“No” だけで答えてしまうシーンがよくありますね

これって、どんな風に聞こえると思いますか?

”No” のひとことは、「ダメ!」「いや!」という感じで

とても子供っぽく聞こえます

あるいは、強く否定されたとか、禁止されたという感じを相手に与えます

では、相手のしようとしていることを

ていねいにやめさせたいときは言えばよいでしょう?

簡単です

“Don’t” あるいは “Please don’t” です

先ほどのデザートの場合は

ウエイターに ”Please don’t” と言えばよいのです

もう少し言葉に自信のある人は

“I’m not finished yet” 「まだ終わっていません」

と付け加えると良いですね

ほかにどんな状況が考えられるでしょうか

お店の前で列に並んでいるときに

知らない人が割り込んできた!!

そこで、”Please don’t”

レストラン内で近くをこどもが走り回っていた

声を低めにして”Please don’t”

日本ではこれをできる人は少数だと思いますが(笑)

パーティが終わって、お客様が「後片付け手伝います」

すかさず ”Please don’t”

もちろん、やっていただいてもいいんですよ(笑)

とにかく、”No, no no no no” ではなく

”Oh, please don’t” です

ぜひ使ってみてください

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る