ブログ

英語力をアップさせるために必要な勉強時間とその方法は?

スクリーンショット_052015_040723_PM

英語の勉強を始めたのはいいけれど

やってもやっても上達したかどうか変化が見えない

もういい加減、勉強も嫌になる

いったい、どれくらい

勉強すればいいの?

誰も一度は経験することですね

結論から言います

Foreign Service Institute(アメリカ国防省にある外交官養成所)での

「外国語の研修成果と学習時間に関する報告書」によると

日常生活に差支えないレベルの外国語を習得するのに、

英語と近いフランス語やスペイン語の場合、720時間かかり、

まったく異なる言語である日本語や中国語の場合、

2400~2760時間かかると言われています。

これは日本語から英語に置き換えても同じで、

日本人が日常生活に差支えないレベルの英語を習得するにも、

2400~2760時間かかるという事ですね。

このデータを見ただけで、気が遠くなる方もいるかもしれません。

楽して身につけられる方法など決してないのです。

 

ただ、わたしたち日本人は、中学・高校で6年間、

大学の教養課程で英語を学べばプラス2年、

英語を専攻すればプラス4年・・・

これほど長く英語と関わっているわけです。

 

これからすれば、2700時間よりははるかに

少なく見積もってもいいと思います。

当然学生時代にどれだけ勉強したか・・つまり、個人差はありますね。

 

このことを下敷きに、

1000時間、集中的に英語の学習をすれば、

英検1級、TOEIC900レベルは超えられますよ。

 

ここで一つ注意しなければならないことは、

どれくらい短期間でその時間を達成するかです

 

一日3時間だと、333日で終了

一日1時間だと、毎日勉強しても1000日、

つまり2年と270日です。

一日30分だと、その倍、つまり5年と180日です

 

同じ1000時間の勉強を、

1年で終えるのか、

5年かかるのか

ここがとっても大きなポイントで

できるだけ短期間で終えるほうが効率がいいわけです

「勉強しているけれど、なかなか伸びない」

そう思っている人は

いったい、一日にどれくらい勉強しているのか

まずそこを見直した方がいいと思います

「一日3時間で1年間は厳しい」としても

最初の200時間を

3か月で終えることは実行しましょう。

なぜ3か月か・・・

 

一つには、英語学習も含めて、

ある習慣を定着させるためには3か月かかるからです。

もう一つの点は、

ある程度上達が実感出来る時間が200時間だからです。

ですから、まずは3か月間休まず取り組むことです。

そして、さらに大事なことは

勉強した時間を記録することです。

 

もし、英語をやり直そうかなぁ・・
とおもっていらっしゃるなら
最初の200時間を
できるだけ短時間で集中してやること

ここが本当に大事ですよ

スクリーンショット_052015_040102_PM

 

では、次にどう学習するかですね

英語の技能には

「読む」「書く」「聞く」「話す」

があります

日本人は、中・高で読むと書くをメインに勉強しています

会話に必要なことは

「聞く」「話す」です

かと言って、聞き流すだけの教材を使っても

時間がかかるばかりで効率の良い勉強とは言えません

なぜなら、読んでわからないものを

耳から音として聞いて理解できると思いますか?

では、何をするか?

私が、お勧めするのは

「音読」です。

つまり、英文を声に出して読む

もし、どんなに工夫しても

勉強時間に一日1時間しか取れません

という状況なら

まずは「音読」をしてみましょう

教材は

今もっている教材で

CDがついていて、英文と日本語訳がついているものなら

それを使いましょう

新しく買う必要はありません

やり方は

まず、英文を読んで、単語の意味と構文を理解しましょう

それから日本語訳を確認をしましょう

次にいよいよ音読です

まずは自分のスピードで良いのでテキストの英文を音読します

スムースに読めるようになるまで何度か読んでください

ある程度スピードが速く読めるようになったら

CDを聞きながら、同じ速さで読んでください

もしかしたら、酸欠状態になるかもしれませんね

めげないで、ひたすら音読

これが、最短で英語をレベルアップさせるコツです

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

    • sagawa motoko
    • 2015年 5月 23日

    目の覚めるような記事をお知らせ下さってありがとうございます。2400時間以上という数値化が説得力があります。私も機会あるごとに音読を奨励していますが、どうも読むというか内容理解に集中してきた学生は、音を聴いたり発生したりすることが習慣づいていません。2400、2700をお借りして刺激してみます。

      • chatty
      • 2015年 5月 28日

      お返事が遅くなりました
      佐川さん、コメントありがとうございます。
      自分が勉強している時間を「見える化」するって
      とても大事だと思います。
      なので、生徒さんには、最初のクラスのときに
      勉強した時間を10分、15分単位で良いので記録するように伝えています。
      積みあがった結果を見ると、励みになりますよね
      佐川さんの実践されている効果的な方法がありましたら
      ぜひ、教えてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る