ブログ

英語でちょっと感動するお話をご紹介します 

crown_090915_021532_PM

◆こんにちは

このブログを読んでくれている人は

英語を今学んでいる人、

あるいは興味があるけど思うように勉強に取り組めていない人

ということでしょうか

今日のメッセージが

少しでも勇気や元気を

お届けできたらと思います

 

◆ステキなであい

私は2009年

ソリューション・フォーカス(解決志向)に出会いました

(ソリューション・フォーカス → SF)

英語のほかにコーチングの仕事をしていた私にとって

この出会いは大きな変化をうみだしました

そのSFを学ぶ過程で、

とても素晴らしい逸話に出会いました

うまくいかないことがあるとき

あなたは、それをどう受け止めていますか

うまくいかなかったのは

「そのとき」「そのできごと」

・・・なのに

「これから先もず~っと

やることなすこと、すべてうまくいかないんじゃないか」

とか

「なんで、いつもわたしってこうなんだろう」

・・・って自分を責めたり

不安になったりしていませんか

 

「これは、今の自分に必要な

起こるべくして起こったことかもしれない」

わたしは、このお話に出会ってから

何が起きても

「大丈夫、これを乗り越えられたら

どんなすばらしいことがあるんだろう」

と思えるようになりました。

 

◆ What happens happens for the best

英文の下に日本語訳があります

英文と、日本文では、内容が少し違っています

軸となる大事な部分は同じですので

読み比べてくださいね

 

There was once an African king who had a very good friend.

They had grown up together, and now that they were men

they still spent every day in each other’s company.

The friend was always fun to be with

because he had such a bright and happy attitude toward life.

In fact, whatever happened, whether good or bad,

the friend would always say, “This is good!”

One day the king and his friend were out hunting.

the friend was loading and preparing the guns for the king.

Unfortunately the friend did something wrong

when preparing one of the guns, and after taking the gun from his friend,

the king fired it and his thumb was blown off.

Examining the situation, the friend said as usual,

“This is  good!”

To which the king replied,

“No this is definitely not good!” and he sent his friend to jail.

About a year later, the king was hunting in an area

that he should have known to stay clear of.

As he crept quietly into a dark forest,

he suddenly went from being a hunter to being the hunted.

He was surrounded by cannibals,

who caught him and took him back to their village.

They forced him to lie on top of a large pile of wood,

and then began tying his feet and hands to the wood.

But just as they were about to set fire to the wood, one of them screamed,

noticing that the king was missing a thumb.

They believed that eating someone

who was less than whole would bring them bad luck.

So they released the king and sent him on his way.

As he returned home, the king remembered how he had lost his thumb

and felt terrible for the way he had treated his friend.

He immediately went to the jail to speak with his friend.

“You were right,”  he said, “it was good that my thumb was blown off.”

He told his friend about his lucky escape.

“And so I’m very sorry for sending you to jail for so long.

I was bad of me to do this”

“No,” his friend said, “this is good !”

Shocked, the king asked,

“What do you mean, `This is good`?

How could it be good that I sent you to jail for a year? ”

His happy friend replied,

“If I had not been in jail, I would have been with you.”

 

◆ 起こることはすべて最高でございます

むかしインドに、ジャナカ王とアシュタバクラという大臣がいました

王さまがアシュタバクラに意見を求めると

いつも同じ答えが返ってきます

「王さま、起こったことはすべて最高でございます

起こらなかったこともそれですべて最高でございます」

よく意味が分からないながらも、

王さまはそれを聞くと何となく安心することができました

王さまはアシュタバクラを

ほかのどの大臣にもまして可愛がっていました

しかし、ほかの大臣たちは嫉妬して

「アシュタバクラのやつ、いつも同じことばっかり言っているくせに

王さまに気にいられている

いつかこらしめてやろう」

と虎視眈々とその機会を狙っていました

そんなある日、王さまが指にけがをしてしまいます

大臣たちは、これはチャンスとばかりに

アシュタバクラにたずねました

「王さまがケガをしたぞ。お前はどう思う?」

するとアシュタバクラは、いつものようにこう答えました

「起こることはすべて最高です」

大臣たちはそのことを王さまに報告し

さすがに王さまもそんな言い方をされては心外で

アシュタバクラを読んでたずねました

「お前は私がけがをしたと聞いて

それは最高なことだと答えたそうだな」

「はい、王さま。いつも私が申し上げているではないですか

起こったことはすべて最高でございます」

王さまは自分がけがをしたことを最高の出来事を言われ

腹を立て、アシュタバクラを牢屋に入れてしまいました

その後、王さまは狩りに行き、

人食い部族にとらえられてしまいました

身ぐるみはがされ、火あぶりにするため

木にしばりつけられたのです

火をつける前に、

身動きのとれない王さまの体を

人食い部族たちが確認しています

すると、ひとりが声を上げたのです

「こいつ、指にキズがあるぞ!」

この人食い部族は

外的から自分たちの部族を守るために

部族以外のものをとらえ

火あぶりにして神にささげていました

いわば火あぶりは神聖な儀式であるため

神様へのささげものにキズがあってはならないのです

「指にキズのあるやつを捧げものにしたら大変なことになるぞ!」

こうして王さまは間一髪のところで解放されたわけです

宮殿に戻ってきた王さまは、

アシュタバクラを牢屋から出し、あやまります

「お前の言ったとおりだった。

あの時はわからなかったが

確かにけがをしたことは最高の出来事だった

ケガをしていたからこそ助かったのだからな

だがしかし、私には一つ後悔していることがる

それはお前を牢屋に入れたことだ」

するとアシュタバクラは、にこやかに答えました

「王さま、私がいつも言っているではないですか

起こったことはすべて最高なんです

もし私が牢屋に入れられていなかったら

私は王さまと一緒に狩りに行ったことでしょう

私はどこもけがをしていなかったので、

きっと火あぶりになっていたでしょう

ですから王さま、

私は牢屋に入れられてよかったんです」

それを聞いて王さまは悟ったそうな

 

とこういうお話です

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る