ブログ

英会話力を上げる時短の勉強方法は疑問文をたくさん練習すること 

20120228_888516_090615_023221_PM

私は、「英語指導」ともう一つ「コーチング」という仕事を持っています

仕事のクセとは怖いもので

普段、人と会話するときに、内容にそって相手に質問することが多いのです

それは、相手が気づかないうちに

無意識でコーチングをしてしまっているのだと思います

こういうことをカミングアウトすると

会話に敬遠されるかもしれませんが(笑)

ただ、ネイティブと会話するときは

「質問」は何の違和感もなく、会話がスムースに進むための

「調味料」みたいなものだと感じます

なにげに出した私の質問に

“It’s a good question” と言って

うれしそうに考えこんで、おもむろに答えてくれます

たまに英語でコーチング練習の相手になってもらう事もあるので

私がいろんな質問をすることに抵抗はないようです

このように

会話における ネイティブスピーカーと日本人との大きな違いがあるとすれば

「聞きたがる」「知りたがる」「異なる意見を面白がる」

というところでしょうか

でも逆に、日本人の英語学習者が

一番しんどくなるところが、実はここなのです

欧米人は聞きたがる

簡単な文章を作る基礎がないのに

「英会話」に飛びついてしまった

人は

ネイティブの先生から出される質問が

まるで、針のむしろ・・・・

「あ~、う~ 無言・・・」で

言いたいことの半分もしゃべれない

英会話教室に座っていることがプレッシャーに感じる

そして続かなる   …止める

そうして「大枚はたいて買ったチケットを捨ててしまいました」

と言う人にどれだけお会いしたことか

会話に必要なことは、まず「基本」です

ここは絶対に譲れません

「文法なんて知らなくても単語で通じればいいんだよ!!」

と言う人も確かにいますし

それで、何とかなっている人もいます

ただ、それで何とかなっているレベルの英語は

仕事にはつながらないということですし

そもそも、そのレベルの英語であなたは満足ですか?

海外に出たときに安心できますか?

では、どうすればよいか

「簡単な文章を作れる基本」があれば

あとは自分の英語を使う目的に沿った単語を増やすだけなんです

とてもシンプルな方程式でしょ!!

簡単な文章が作れるようになる中で

特に力を入れてもらいたいのが

「疑問文をたくさん作る練習をする」です

「”This is a pen” がわかれば英語は話せる」シリーズのベーシックでは

そこに力を入れています

会話の中で、相手の話したことについて質問ができると

たくさんのメリットがうまれます

1.相手に話させておくと、自分が楽(笑)

2.質問をされることは、自分の話にきょうみを持ってもらっている感じがする
つまり、信頼関係が築きやすい

3.相手の話の内容で、言葉の使い方を学べる

特に3番目は、私が大学生の時

ネイティブに質問をすることで

自分の知らない表現をたくさん覚えられた経験から

英会話上達の間違いない方法です

覚えた表現や単語は、忘れないうちにすぐにメモしておきましょうね

というふうに、疑問文を作る練習は

ほんとうに時短で英会話力を上げるには

侮れない方法です

ぜひ、お試しくださいね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る