ブログ

学生時代に英語学習で一番役に立った教材と方法は?

英語本

私は本屋さんに行くのが趣味みたいなところがあって

本屋さんに行くと結構な時間を

そこで使っています

買うのはほとんどアマゾンですが

ウロウロ本を眺めに行くのは大好きです

で、

今日は

私が学生時代にやった方法で

一番効果が上がったと思う勉強方法を

お伝えしますね

高校生の頃と言えばはるか昔のことですが

私が使ったこの教材は

いまだに内容もほとんど変わらず

本屋さんに並んでいるのです

本当に、ビックリですが

それだけよくできた教材だという証拠でしょうし

やはり、「基本が大事」なんだという事です

 

本のタイトルは

「アメリカ口語教本」

Spoken American English です

著者はウィリアム・クラーク

なにしろ、初版本が1959年12月なので

56年間も ず~~っと

売れ続けていることになるんですね

高校一年生の時のことですし

なぜこの本を選んだかおぼえていません

英語好きのクラスメイトと

「英語の自主勉強をしたいね」ということで盛りあがり

この本を買って

英語の先生の所にお願いに行きました

当時、学校の敷地内に

アメリカ人の先生が住んでいらっしゃる家があって

そこへ、ずうずうしく押し掛けたのです

「この本を使って勉強をしたいのでみてください」って

本当に若さゆえの厚かましさでしたが

先生は快く受けてくださって

放課後の勉強会が始まりました

いつも、紅茶と手作りのクッキーをごちそうしてくださって

どっちが目的かわからないようなときもありました

ま、ともかく

そんなこんなでやったことが

今振り返れば、英語の基礎を作ることに

とても役立ったと思えるのです

レッスン1からレッスン10まで

ていねいに、本に書いてある通りに練習をしました

この本の特徴は

本の後ろにチャート(絵)があって

それを使って、文章の言い換え練習をするようにできています

この練習が、

今私が教えているクラスでの基礎になっている

と言っても過言ではありません

本に書いていなかった課題として

もう一つ、とても効果的だと思えるのは

「暗記」です

各レッスンの最初に会話が出てきます

その会話の部分を

友人と二人で

どちらの役でも言えるように暗記したのです

それを先生の前で演じたのです

アクセント・イントネーションや間の取り方など

ていねいに見てもらいました

その時に英語力がグ~ンと伸びた実感があります

簡単なことですが、結局

基本の反復練習

ここが一番のポイントですね

これをきちんとやるかやらないかで

大きな差が出ますよ

有名な人のスピーチを集めた本などが出版されていますね

自分の好きな人の名スピーチを暗記する方法は

英語力アップにとても役に立ちます

本人になり切ってスピーチすると

気分も高まります

ぜひ、トライして損はない

・・・・どころか

本当に、ビックリするほど英語が上達しますよ

その時に、聞いてくれる人がいれば

なお良いですね

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る