ブログ

英語で「学問に王道なし」を翻訳すると? また「王道」の意味は?

22040006392_090315_111537_AM

英語のクラスの最初にする質問があります

「『学問に王道なし』の王道とはどういう意味でしょうか」

です

この質問に正しくこたえられた人は

残念ながら今までに一人もいません

さて、あなたはどう答えますか?

答えは

「簡単な、楽な道(方法)」のことを指します

ほとんどの方が意外に思われます

英語では

There is no royal road to learning.

そのまんまですね(笑)

なぜ、「王道」が「簡単な楽な道」として使われるのでしょうか?

この言葉はある逸話に由来しています

紀元前300年ごろのギリシャの数学者ユークリッドが、

エジプトの王プトレマイオス1世からこう聞かれました

「もっと簡単に幾何学を学ぶ方法はないのか?」と

それにユークリッドはこう答えました

「王さま、学問に近道や安易な方法はないのですよ」

これを知って、いまどう感じますか?

なぜ私がこの故事をクラスの最初に話すかを説明しますね

本屋さんに行くと

「○○日で英会話ができる」とか

「たった○○個単語を覚えるだけで会話が可能」

「聞き流すだけで会話ができる」

というような本当に魅力的な教材が棚いっぱいに並んでいますね

結局どれを使えばよいかわからないという人もいます

ネットでも、同じような売り文句の商材がたくさん見られます

そういう事を可能にするためには

ある一つの条件をきちんと満たしていることが必要なんです

それは、「英語の基本を理解し、使える状態になっていること」です

それができていれば

あとは短期間でどれくらいアウトプットの量をこなすかです

あなたは中学3年間で学んだ英語の

単語や構文、文法などのうち

どれくらい、記憶に残っていますか?

あるいは、どれくらい使えていますか?

まずは、その基本を使えるレベルにして

そして、あなたに必要な単語を増やす

そうすれば、会話は可能です

まずは基本です

当たり前ですが、基本がなくて応用はできません

海外旅行用の英語表現を覚えたとして

それに返ってきた英語を聞き取ることができますか?

もし英語を学ぶと決めたら、

英語学習にかかる「時間」は覚悟してください

何かをものにするのに、安易な道なんてありません

ただし、楽な道はないけれど、楽しく工夫することはできますよ

じゃ、どれくらい勉強すれば話せるようになるかって?

それは、また次回お伝えしますね

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る