ブログ

英語学習者が挫折する原因は何でしょうか?最大の理由とその対策法も

 

今までにネイティブの先生の「英会話教室」に通ったことはありますか?

大金をつぎ込んで英会話教室に行ったのに

教室で思ったことの半分も話せない、言っていることがわからない

・・・なんてことが続いて

英語学習が続かない、教室をやめてしまったという人は多いですね

 

私が、イングリッシュ・プラスという
プログラムを立ち上げたきっかけを
お話ししたいと思います

英語好きがこうじて、なりゆきで英語を教えていました
あるとき、コーチングと出会い
英語上達には
英語学習だけでなく、プラスアルファ
つまり、単調な英語学習を
どうやって楽しく継続させるか
そのための、セルフマネジメントや
タイムマネジメントが不可欠だと
気付きました

多くの英語学習者が挫折するのは

◎ プラスアルファの大事な部分ができていない
◎ 英語の基礎を固めないまま勉強を続けている

こういうことが原因なんですね

偶然にそんなとき
英語を教える現場で
ビックリするような気づきがありました

日本では
英語は中学から必須科目で
高校までの6年間、
ほとんどの人が英語を学んでいる
・・・・はずなのに

社会に出て必要になった時に、
ほとんど役に立っていない
・・・・現実

もしかしたら、
思い当たることはありませんか

ある企業で英語のレッスンをしていたとき、
生徒さんから聞き出した本音で
「英語ができない」原因が明確になりました

「そこですか!!」という驚きがありました

その原因は何だと思われますか?

本当にびっくりしますよ

実は、
Be動詞が理解できていないことなんです

一般動詞との区別がついていない

だから、使えない
一般動詞と同時に使っている

ここでもし「Be動詞ってなぁに?」
って思われたら
ぜひ、イングリッシュ・プラスの

「”This is a pen” がわかれば英語は話せる」基礎講座を
受けてくださいね(笑)
もし、「なぁ~んだ、そんなことか」
と思われたら、このレベルはクリアですね

でも、ほんとに多くの英語学習者が
しかも、中級レベルの多くの方が
Be動詞を十分に理解できていないのですよ
「Be動詞にはどういう意味がある?」
私が英語のレッスンを始めるときは
いつも、こういう質問から始めるのですが
ほとんど期待通り(笑)
生徒さんは説明できません

「isとか amですよね」
ほとんどの場合、こういう回答ですね
もしあなたが本気で英語をブラッシュアップして
仕事で使えるものにしたいなら

ぜひこの機会に英語の基礎、特に動詞の見直しをすることを
おすすめします

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る