ブログ

伝わる英語の秘訣は発音よりリズムとイントネーションです

BzeVe5RCYAAOGpK_091515_105137_AM

こんにちは

毎日音読していますか?

英語学習の中でも

多くの人が声を大にして強調しているのが

「音読」

です

これを実際にやっている人は

「うんうん」とうなづきながら読んでいらっしゃるでしょうね

もし、良いとわかっているのに実践していないなら

このブログを読み終えたら

今日から取り入れてください

なぜか?

今日のタイトル

「伝わる英語の秘訣は発音よりリズムとイントネーションです」

どおり、音読練習で効果的に時短で

あなたの英語が「伝わる英語」に変身するからです

 

世界中で話されている英語のうち

英語を母国語とする人の英語は

20%弱だと言われています

のこりのの8割近くの人が

実は、その人たちのお国訛りの英語を話していることになります

日本人もその中の一つです

それぞれの国の英語の発音が存在するわけです

 

そこで、微妙に発音の違う英語を理解しあうには

「リズムとイントネーション」が大事になります

これを鍛えるには

実際に声に出すしかないんです

だま~って リーディングをしても

ひた~すら CDを聞いても

「英語を話す」という点からすると

効果が薄く

えんえんと、時間のかかる作業なのです

「あなたは、いつまでに英語を話せるようになりたいですか?」

「どれくらいの期間なら、集中して英語学習を続けられますか?」

もし、本気で英語を話したいと思うなら

その情熱が冷めないうちに、

チャチャット、挑戦してみませんか?

 

「音読」ができない理由として

それぞれの状況や、制限や、恥ずかしさや

いろんなことがあるでしょうね

大きな理由の一つに

学校で、発音やイントネーション、リズムについて習っていないので

どう読んでいいかわからない

確かに、その通りです

その状態で「音読」って言われてもね・・・

はいごもっともです。

でも、その気になると教えてくれるところはあります

「発音」は ネイティブに勝るものはないでしょう

でも、どうやって一つひとつの音を声に出すか

たとえば [th] [r] [l] [v] の発音は

[s] と [sh] の発音の違いはなにか

あるいは文章全体をどう読めば

相手にわかり易く聞こえるのかという説明は

練習してできるようになった日本人に聞いた方が

わかり易いし、はるかに早く発音できるようになります

「英会話はネイティブから」

という妄信を一度横に置いて

「音読」に本気で取り組んでください

3か月もすると

自分でも違いが分かるくらい

英会話が上達しますよ

そうしたら、自信をもって

ネイティブとの英会話に出かけてくださいね

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る