ブログ

英語の「picture」と「photo」は「写真」だけど何が違うの?

 

カメラ熊_061615_063044_PM

先日生徒さんからこんな質問がありました

「picture」と「photo」はどう違うの?

「picture」は辞書では以下の説明があります

名詞としての意味で
1.絵、絵画
2. 写真
3.映画
4.像、(レンズを通して結ばれた)映像
5.画面、画質
6.心に映る(描く)もの、イメージ、理解
7.状況、事態、全体像
8.模範、生き写し
9.(絵のように)美しい人

などなど、映像とか画像などを幅広く表しています
7番の「全体像」としてよく使われるのが
the big picture
「(ある問題についての)総括的な展望」です

また、9番の例文としては
The aurora was a picture.
そのオーロラは(絵に描いたように)美しかった

となります

こういう意味を知らなければ
「その大きな写真」とか
「そのオーロラは写真です」などと

状況や、表現のニュアンスを
誤解してしまうこともありますね

では、「photo」はどうでしょう
「photo」は「photograph」の省略形です

「photo」は「光」「光電」「光化学」「光子」
「graph」は「図式」「図表」「表」
というそれぞれの意味の言葉を合わせたものが
「photograph」→「写真」となりました

「picture」とちがい、「photo」には
「写真」という意味しかありません

「写真」という意味でなら
どちらを使ってもおなじです

でも、こういう時に
背景にある言葉の意味を調べてみると
いろんな発見があって、おもしろいですね

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る