ブログ

英語で「ですよね」と確認したい時はなんていう?

tumblr_lti8vgkSOO1qa9omho1_500_090815_120032_PM

「だよね~」「ですよね~」

英語で

相手に確認を取りたいときは何と言えばよいでしょう?

ここでは二通りの方法をお伝えしますね

一つ目

文章の後ろに right? をつける

かんたんでしょ!!

たとえば、

「これ、私のだよね?」だったら

This is mine, right?

「福岡に住んでるでしょ?」だったら

You live in Fukuoka, right?

「今日は寒いよね!」だったら

It’s cold, right?

と言う感じです

 

もう一つの方法は

多分、「そういえばそんなのあったよね」

と言われそうな方法ですが

それは「付加疑問文」です!!

「やっぱり!!」ですか、それとも「・・・?」ですか?

ともかく、説明していきますね

日本語から説明すると

「疑問文を付け加える文」です

「そのまんまやないか!!」

・・・まぁ、まぁ、落ち着いて!

まず、伝えたいと思う一つの文章を作る

その文章が肯定文であれば

後ろに否定の疑問文を

否定文であれば

後ろに肯定の疑問文を付け加える

というシステムです

上の三つの文章で見ると

「これ、私のだよね?」だったら

This is mine, isn’t this?

「福岡に住んでるでしょ?」だったら

You live in Fukuoka, don’t you?

「今日は寒いよね!」だったら

It’s cold, isn’t it?

ですね

肯定文ばかりなので

否定文で始まる例も見てみましょうね

「あなたは今日は働かないよね」だったら

You don’t work today, do you?

になるんですね

簡単っちゃ、簡単ですが

何にでも使える ”right?” と比べて

主語によって動詞 を使い分けなくてはいけないところが

ちょっと・・・実はだいぶ

面倒かもしれません

実際に、ある生徒さんがこんな勘違いをしていました

「だよね~」と言いたいときに

どんな文章にでも ”isn’t it?” を付ければ良い・・・と

ですから、こう言ったのです

You play golf today, isn’t it?

しかも、”isn’t it?” の所はアメリカ人っぽく発音したので

「イズネ?」になってしまった(笑)

この付加疑問文はしっかりと練習をしさえすれば

上手に使えるようになりますが

まずは、”right?” から練習してみましょう

 

ただし、ここで一点注意点があります

right?  はどちらかと言うと、相手を説得するときや

ロジカルに話を進めるときに使います

一方、付加疑問文は

どちらかと言うと

「おしゃべり」や「世間話」で

「確認」よりも自分の思っていることへの「共感」を

促したいときに使われます

「あ~っ これだから、めんどうくさい!!」

というこえが聞こえそうですが

付加疑問文については

主語が  It の文章

It is ~, isn’t it? から使ってみてはいかがでしょうか?

「そう言えばここ最近涼しくなってきましたね」

It’s getting cooler, isn’t it?

と言う感じです

何はともあれ、練習することです

「反復練習こそ最強の英語上達法」

成功を祈る!!

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る