ブログ

近藤麻理恵(こんまり)さんのワクワク・片付けは英語でどう翻訳する?

近藤麻理恵_-_Google_検索

 

4月16日、アメリカの雑誌TIMEが

「世界で最も影響力のある100人」を発表しました

 

日本でいわゆる「断捨離」系のベストセラーを

出している、近藤麻理恵さん「こんまり」さんが

選ばれました。

 

私も、この本が出た時に、即買って

本通りに実践した一人です。

 

この記事が出た時に一番興味を持ったのが

 

「ワクワクする」と「かたづけ」を

どう訳すのかでした

 

「ワクワクする」を ”spark joy”

「かたづけ」を ”tidying-up”

と訳してあります

 

Spark  (動詞) 引き金となる、~を引き起こす、 ~を刺激して・・・させる

という意味があります。

この言葉がアメリカではブームを sparkさせたようですし

近藤さんの名前 ”kondo” が

「片付ける」という動詞に使われているようです

 

「影響力のある100人」に選ばれるはずですね

 

これまで、「かたづけ」に対する感情は

 

目の前に入らないものが山ほどあって

片付けたいけど

どこから手を付けていいかわからない

見ないふりをする

使っていないものを捨てるのは気が咎める

もったいない

そのうち必要になるかもしれない

誰かにあげれば使ってもらえるかもしれない

 

などなど   ・・・・ですが

これって、

片付けないでいる言い訳を

ひたすら考えていただけで

再利用するかと言えばそれもしてこなかった

 

つまり、【不用品の山=ネガティブな感情の塊】

・・・そういう事ですよね

 

ところが「こんまり」さんが説くのは

 

不要なものは、すでにその役割を終えた

だから、感謝して「ありがとう」と言って処分する

不用品を捨てるのではなく

自分がときめくものだけを選んで置いておく

「片付け」はポジティブなことなんだ

・・・と言っているんですね

 

いままで、「片付け」は、「スキル」だったのが

「ワクワクする」「ときめく」というポジティブな感情を

盛り込んだために

 

気持ちが一気に軽く楽しくなった

そこで、一気に、要らないものを

何十袋もウワァ~っと捨てられるようになった

 

でも世界中でブームが起きているということは

 

言葉も考え方も生活習慣も違う

・・・と思っていた外国の人たちも

「結局は同じなんだぁ~」って、

ちょっと親近感湧きませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る