ブログ

それ,自分の都合の良いように解釈していませんか?

こんにちは、
ポテンシャル・アクトの原田です

 

先日、とあるセミナーに参加しました
そのセミナーで、とても耳が痛いけれど、
勉強になる深い言葉を学びました

「あぁ~それね、よくやってるよね」というような
誰でも知っているし
よくやってしまっていることなんですが…

「確証バイアス」

「物事を、自分の都合のよいように解釈する」
ということを意味することばです

始めて聞いた言葉でした

物事には、かならず
メリットとデメリットがありますね

たとえば
エコカーは燃費が安い、国からの補助が出る、環境に優しい
でも「燃費が安い」というところにメリットを感じ
お買い上げ!!
毎月の燃費は確かに安いけれど、
車本体の価格が高いので、ローンの支払いが燃費の差額を超えてしまった

とか

あなたがあるものを欲しいと思ったとき
欲しいという気持ちが強ければ強いほど
自分の都合の良いメリットしか目に入らないで
メリットだけで、イメージを膨らませてしまう・・・

そのときデメリットはほとんど頭から消えてしまう
手に入れた後で、現実に気づき
「こんなはずではなかった・・・」

というようなこと

あなたにも思い当たることがありませんか?

これって、人間関係にもピッタリ同じことが言えますよね

最初にビビッときて付き合い始めたけど
「価値観が違う」とか言って別れる
価値観がまったく同じ人なんていませんって・・・

結婚したとたんに相手が変わった!!
「こんな人じゃなかった!!」
自分のことを棚上げしてませんか!!

少し厳しいことを言いましたが
こういうところにも
「確証バイアス」は現れます

物事にはかならず二面性があります

やさしいから、優柔不断だったり
男らしく決断力があるから、多少独断的だったり
倹約家は、使い方が違えば「ケチ」だし
人の気持ちに共感しやすい人は、往々にして感情的になりやすかったり
常に冷静に対応する人は、「冷たい」と勘違いされたり

自分の都合の良いところだけ見ていませんでした?

どうすればこれを回避して解決できるか・・・ですが

人間には「ことば」があるじゃないですか
誰かとうまくいっていないなと思うときは
たいてい、コミュニケーションの不足が原因です
コミュニケーションの量を今より3倍に増やしてみませんか

結果はやってみてのお楽しみに

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る