【英語のリスニングを実力アップ】リーディングより極端に弱い人の対策法(2)

イングリッシュプラスの原田です。

前回の記事【英語のリスニングを実力アップ】リーディングより極端に弱い人の対策法(1)の続きです

1では音を聞きとる意味について書きましたが
こんかいはもう一点別の課題について説明します

日本語に訳しながら英文を読む人の盲点

文章を読めば十分に理解できるレベルなのですが、
問題点は、文章を後ろから戻りながら意味を理解することでした。
これは、多くの学校で行われている英語教育法なので
文章を訳すときに、ほとんどの日本人がこの方法をとっています。
つまり、主語の後で枝葉の説明を先にしてから
最後に述部の説明をする方法です。
日本語の言葉の並びと同じように訳してしまうという事ですね

たとえば、
I studied very hard two days ago because there was a test on the next day.
という文書を訳すときは
「私は、次の日にテストがあったので、二日前は必死に勉強しました」としますよね。
学校の英訳のテストではOKです。
日本語では、主語「私は」の述部、つまり「どうした」に当たる部分は
多くの場合、文章の最後に来ます。
ところが英語では、主語のすぐ後ろに動詞がきますね。
ですから、「何をしたのか」という部分を聞き逃してしまうんです。

ではどう読めばよいか?

先ほどの英文が、友人との会話の一部だと思ってください。
”I studied very hard two days ago
because there was a test on the next day.”
さて、これを最後まで聞いて、
文章がすべて頭に残っていますか?

書いてある文章を読むときは
何度でも、確認できますよね。
しかし音はあっという間に消えていきます。
文章を全部聞いて
改めて何を言っているか理解しようとしているから
リスニングができないのです。

「????」でしょうか?

リスニング力をつけるには、
英語を聞いていく端から、
意味のまとまりごとに理解していくことがポイントです。

上の文章で例えてみましょう。

意味のまとまりごとに、始めから順番に理解していくのですから、

I studied very hard → 私は必死に勉強したよ(誰が何をしたかがまず明確になるね)
two days ago → 二日前に
because → なぜなら(フムフム、ここから理由だな)
there was a test  → テストがあったんだ
on the next day → その翌日に

という風に聞いていく方法です。
これは、「サイトトランスレーション」
あるいは、「スラッシュリーディング」
と言われている方法です。
文章の頭から順番に、意味のまとまりごとに理解していく方法です。

これができるためには
普段から文章を読むときに

「スラッシュリーディング」をする必要があるのですね。
つまり
”I studied very hard/ two days ago/

because/ there was a test/ on the next day.”
とスラッシュを入れながら読むのです。
もちろん、これほど細かに分解しなくても理解できる人は、
もう少し長めにスラッシュを入れても大丈夫ですよ。
これまで、英文を理解するときは
日本語の順番どりに訳していたのなら、
ぜひ、この方法を取り入れてほしいと思います。

リーディングするときは、スラッシュを入れながら読みましょう。
そして「読めるけど聞けない」「読めるけど話せない」という
典型的な「話せない日本人」から卒業してしまいましょう。

 

 

 

 

【英語のリスニングを実力アップ】リーディングより極端に弱い人の対策法(1)

英検やTOEICでリーディングは満点なのにリスニングが弱い人のための対策法を教えます。

イングリッシュプラスの原田です

私の英語教室は英検の準会場の認定を受けています。
10月にも、生徒さんが英検を受けました。
その中で、2級の一次試験を受かったものの、
リーディングに比べてリスニングが極端に点のとれない生徒さんがいました。
リーディングはパーフェクトに近い点を出しましたが
リスニングはリーディングの点数との総合点でぎりぎりというところでした。

本人からリスニングについて相談を受けました。
どうすればリスニング力が上がるか
勉強法を個別にアドバイスしました。

リーディングに関しては、コツコツ勉強するタイプなのですが
聞いてみると、やはり音読が少なかったのです。

普段から、「音読」「音読」「音読」と
口を酸っぱくして伝えているつもりでしたが
具体的な勉強方法がわかっていなかったようで
私も説明不足を反省をしました。

なぜ、英語のリスニング力を上げるには「音読」なのか書いてみました。

 

英語を聞いて聞き取れるために大切なこと

1.音そのもののが聞き取れること
2.文章の内容が理解できること
の二つです。

今回の生徒さんの場合、
課題は二つ
1.音そのものを再現する練習が少なすぎること
2.英文の内容を理解するときに、日本語の順番に訳してしまうこと

まず今回は1番目の説明からしますね。
つまり「音読の量が少ない」と、なぜリスニングができないかです。
多くの日本人に見られるタイプが
「英文は読めるけど、話せない」
ほとんどの人が「そうそう!!」とうなづかれると思います。
少し視点を変えてみましょう
スポーツはお好きですか?
鑑賞するだけですか?
それとも実際にしますか?
もし、スポーツを実際にする人なら当たり前のことだと思いますが
もし野球をするとして
ルールだけ知って突然試合に出ますか?
普段の練習は一切なし!!
ひたすら、ルールブックにかじり付いている・・・
ありえないですよね
バットを持って素振りをする
走る、キャッチボールをする、ノックをする
などなど、いろいろな練習をして
実践に備えるのではないですか?

ところが、ところが
そういう人でも英語は別物になるようです
英文を読んで何となくわかってそれでおしまい!!
スポーツをするにはそのルールを知ることは必要です
英語ならそのルールに当たるのは「基礎的な文法」です。
英語を話すにも「基礎」がわかっていることは不可欠です。
スポーツと同じです。

その基礎がわかったとして
その次の「実践に備える」にあたるのが「音読」です。
英語に携わる多くの人も「音読」の大切さを主張されていますし
私自身、英語学習をやってきて一番効果のある方法だと
自信をもって言いきれます。

「音読」はなぜ効果があるのか?

馬鹿みたいに当たり前のことですが
英会話って耳から入ってくる音が頼りですよね
「apple」の文字の意味が分かっても、その単語の音が耳から入った時に
「リンゴ」なんだと紐づけできるためには
”apple”の音を聞き取れなければ意味は理解できません。
しかも、ネイティブが発音している音にできるだけ近い音で発声しなければ
音から入った”apple”が「リンゴ」 に結び付きませんよね。

ここまできて、「Ah-ha !」とピンと来ましたか?
そうです。
実に単純な話です。

音としての”apple” が「リンゴ」だとわかるためには
“apple” を正しく発音する必要があるという事です。
あなたは「リンゴ」と聞いて、果物のリンゴを頭に思い浮かべられるのは
「リンゴ」と正しく言えているからです。
言葉を覚えたての幼児が、正しく「リンゴ」と発音できないとき
周りの大人は、何を言っているのか理解できない時期がありますね。
つまり、日本人が正しく”apple” と発音できなければ
それを聞いている外国人は、それが「リンゴ」だと理解できませんし
逆に、外国人が「リンゴ」だと思って言っている”apple” を
日本人は「リンゴ」だと理解できないのです。

ですから、「音読」なのです。

お教室では、
音読の具体的な方法をレベル別に教えています。
方法を知ったら、
当然ですが、実践あるのみです。
実際に、一日に15分でも、30分でも自分で練習する生徒さんは
驚くほど、力がついていきます。
どんなに良い方法を知っても
結局は「やるか、やらないか」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

続きはこちら